弁護士紹介


山本 律宗

yamamoto ritsumune

弁護士
山本 律宗
経歴
  • 2006年3月 私立名古屋高校卒業
  • 2010年3月 南山大学卒業
  • 2013年3月 南山大学法科大学院卒業
  • 2013年9月 司法試験合格
  • 2014年12月 弁護士登録
出身地
愛知県
所属団体
青年法律家協会、日本環境法律家連盟(JELF)、障害と人権全国弁護士ネット、あいち権利擁護ネットワーク、日本労働弁護団,アイズ第3部会(高齢者・障害者支援)、愛知県弁護士会触法障害者支援チーム 等

ご挨拶&メッセージ

日常の中にある生きづらさを感じながら生活を送られている方が多くいらっしゃるのではないかと思います。
私は、その生きづらさの原因をともに考えよりよい方向へ進むことができるように支援をさせて頂きたいと考えています。
その際には、税理士、司法書士、社会保険労務士、社会福祉士や精神保健衛生士など生きづらさの原因を解決するのに適切な専門職とも協力・連携をはかりつつ、適切・妥当な支援をできればと思います
「この事務所、この弁護士に依頼して良かった」と感じていただける様な支援ができるよう日々研鑽を積んで参りたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

堀江 哲史

horie satoshi

弁護士
堀江 哲史
経歴
  • 1979年 三重県桑名市生まれ
  • 2002年 立命館大学法学部卒業
  • 2010年 平成22年度 旧司法試験最終合格
  • 2012年 弁護士登録(愛知県弁護士会)
出身地
三重県桑名市
所属団体
LGBT支援法律家ネットワーク、NPO法人PROUD LIFE理事、愛知県弁護士会 両性の平等に関する委員会、愛知県弁護士会 男女共同参画推進本部 青年法律家協会、明日の自由を守る若手弁護士の会(あすわか)

ご挨拶&メッセージ

弁護士という仕事は、「人生の選択肢を増やす」というところに意義があると感じています。時には専門的知識を動員し、時には交渉によって、あるいは本人が重要と気づいていない事情を引き出すことによって、閉ざされていた選択肢が開かれていきます。それによって、一人ひとりの方が自分らしく生きることの後押しをさせていただきたいという思いがあります。
弁護士の仕事は、「労働」「破産」「離婚」など、ある程度の類型化はできますが、その具体的事情は実に様々であると、日々感じます。専門的な知識があるからといって、独善的な判断に陥ることなく、依頼者一人ひとりの声に真摯に耳を傾けて、話し合い、最善の解決にたどり着けるよう、尽力いたします。

稲垣 仁史

inagaki hitoshi

弁護士
稲垣 仁史
経歴
  • 昭和39年4月生まれ
  • 愛知県立西尾高校
  • 京都産業大学法学部
出身地
愛知県西尾市
所属団体
愛知県弁護士会ホームページ管理運営委員会、人権擁護委員会、公害対策環境保全委員会、中部弁護士会連合会ホームページ管理運営委員会、東海労働弁護団(幹事)、日本環境法律家連盟(名古屋事務局員)、自由法曹団、青年法律家協会、全国倒産処理弁護士ネットワーク、名張毒ブドウ酒事件弁護団

ご挨拶&メッセージ

依頼者の方が抱えてみえた様々なトラブルを何とかうまく解決でき、「おかげで安心できるようになった」と安堵の表情で言っていただけたようなときは、本当に弁護士冥利に尽きる瞬間です。今後もたくさんの「安堵」のお声を頂戴できるよう精一杯頑張りたいと思います。

中山 弦

nakayama gen

弁護士
中山 弦
経歴
  • 1979年 名古屋市守山区生まれ
  • 2002年 京都大学法学部卒業
  • 2006年 弁護士登録
出身地
名古屋市守山区
所属団体
アスベスト被害救済東海弁護団、ライフデザイン専門家協

ご挨拶&メッセージ

弁護士という職業ほど、人間の喜怒哀楽に日々接する職業は珍しいかもしれません。
暗闇の中でもがき、怒り、悲しんできた依頼者の苦しみを目の当たりにするからこそ、紛争が解決し、依頼者に喜んでいただいた時には心底ほっとします。
それは「嬉しい」というより、まさに「ほっとする」という表現がぴったりの気持ちです。
そんな気持ちを少しでも多く味わえるように、日々、取り組んでいます。

安本 卓史

yasumoto takashi

弁護士
安本 卓史
出身地
福井県福井市
所属団体
愛知県弁護士会子どもの権利特別委員会委員、同学校生活チームチーム長、学校事件・事故被害者全国弁護団、愛知県弁護士会民事介入暴力対策特別委員会、愛知中小企業家同友会、全国霊感商法対策弁連

ご挨拶&メッセージ

私は、在日韓国人です。
その国籍を理由に理不尽な扱いを受けたこともありました。
その経験から、自分の意思ではどうすることもできない問題で苦しんでいる人や、社会的に弱い立場の人の力になりたいと思い、弁護士を志しました。
また、その経験から、人種や国籍に関係なく、人はその一人一人が大切なんだと思うようになりました。
そして、自分自身、人を大切にする社会の実現の一助になることができればと思うに至りました。
弁護士として、一意専心、全力を尽くし社会正義の実現のため努力していく覚悟です。
何卒ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

ページトップへ